採血は指で行うのが良い?

指が結局は測りやすいので

血糖値の自己測定を行う時、採血する部位はどこにすれば良いのか、繰り返して使っていくと悩む部分かもしれません。毎日同じ場所が良いのか、それとも、バラバラにした方が良いのか。手のひらではダメなのか?などなど。

実際に毎日何度も血糖値測定を行っていると、結局、指先に集約します。
場所は、だいたい指の指紋から手のひら側に少し下がったところが個人的に多いのですが、この場所が一番スムーズにランセットを刺すことが出来る気がします。

指の腹側で採血量が少し足りないときには、反対側の指でつまんで出すようにするのですが、この時もちょうど良いのがこの辺です。

他の方法として、ここでランセットを刺しても、中々採血がうまく行かない場合は、場所を少し側面へと移動して行うと、結構採血しやすい気がします。結局、指の腹が一番肉厚だから血が出にくいのでしょうね。

更に、毎日繰り返すとなると、同じ指ばかりだと小さな針傷が治りきる前にまた針を刺す
事になるかもしれないので、その日、採血する指を決めて毎日交代制で行う方が良いのかなと思い、実際にそうしています。

やっぱり、採血する指によって血糖値の数値に若干の誤差はあるそうなので、それをできる限り平均に近づける為にも、まんべんなく色々な指で行う方が良いような気がします。

>>血糖値測定器センサーやランセットの価格チェックはこちら