血糖値測定器の相場は?

長期的に見るとセンサーと針は安くしたい

血糖値測定器は、薬事法上の、高度管理医療機器というカテゴリーに入るそうなので、個人的にはちょっと高級なイメージがあります。では、実際のところ、測定器本体やらセンサーやら針やらの諸々の値段を入れると、相場的にはどれくらいかかるものなのでしょうか?

調べてみると、血糖値測定器には、あまり価格に差が無いことが分かりました。
大抵は、1万円から2万円を少し超えるくらいの所で収まるようです。

また、測定器と違い、定期的に買い足す必要のある、センサーと針については、前者が1回当り100円前後、後者が一本当り10円から30円くらいするとのことでした。

となると、測定器は1回買えばそれで良いとしても、センサーや針のことを考えると、年間かなりのランニングコストがかかりそうです…。

1日1回しか測定しないにしても、5万円くらいはかかってしまいますから。血糖値測定の価格相場が思ったより安くてうれしかったのですが、消耗品の針やセンサーの方はちょっと予想外でした。

医療機器ですから、個人的にはなるべく正規のルートで購入したいところですが、使い続ける事を踏まえると、コストが安いのに性能もしっかりしている海外製の方が魅力的に思えます。

将来血糖値測定器にお世話にならずに済むのが一番ですが、中々そうもいかないので、使い続けても出費が抑えられるセンサーや針を選ぶに尽きるかなというところです。

>>血糖値測定器センサーやランセットの価格チェックはこちら