昼の軽食の方が血糖値が上がりやすい?

吸収され易い食事は著しく上がりやすい

これは、私自身が血糖値の自己測定を行い実感している事ですが、昼は、午後も引き続き仕事があるので軽めに済ませ、夜にしっかりバランスを意識して食べるようにしています。すると、必然的に食べる量が増えて結構満腹状態。

対する昼は、まあ空腹が満たされたかな程度なのですが、このうち、血糖値の上昇が著しいのが昼です。対する夜は、血糖値のピークとなる食事開始から90分を過ぎた段階で昼の4時間経過後より低い傾向があります。

これが、1日2日程度ではなく、同じような食事を続けると、やはり同じような変化をしています。

つまり、その時の体調によって変動するという事ではなく、明らかに食事内容によって変化しているという事ですが、昼は、糖質が多めで吸収されやすいものが中心なので、ダイレクトに体内に入りやすいのかもしれません。

対する夜は、生の野菜を食べるように心がけている事が血糖値の上昇を防いでくれているような実感があります。

という事で、自分の食生活を通じてどのようにすれば血糖値が上がりにくいかを実感する事ができた一例でもあるので、その方法を一つの指標として、昼食などでも活用する事ができれば、昼食後に急激に血糖値が上がってしまうという上状態も防げるかもしれません。

>>血糖値測定器センサーやランセットの価格チェックはこちら